delay() | Underscore JS 日本語リファレンス

第2引数の時間後(単位はミリ秒)、第1引数の関数が実行される。第3引数以降の引数は第1引数の関数に渡される。

■使用例

function logged( txt ){
	var text = _.now();
	console.log( "re now : " + txt + " : "  + text );	
}
// re now : test : _.now()関数の数字。
var re = _.delay( logged, 1000, "test");

■内部構造

  _.delay = function(func, wait) {
  	
// 第3引数以降の引数。
    var args = slice.call(arguments, 2);
    
// 第2引数が setTimeout() にセットされ返される。
    return setTimeout(function(){
      return func.apply(null, args);
    }, wait);
  };

このページのトップへ戻る