last() | Underscore JS 日本語リファレンス

第1引数「配列」を index = 0 から第2引数の数まで指定された数だけ前から削除され、残りの配列が返る。第2引数が指定されていない時は1番最後の値だけが返る。

■使用例

var arr = [ 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10 ];

// re = 10;
var re = _.last( arr );

var arr = [ 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10 ];

// re = [ 6, 7, 8, 9, 10 ];
var re = _.last( arr, 5 );

■内部構造

  _.last = function(array, n, guard) {
  	
// 第1引数が null だったら
    if (array == null) return void 0;

// 第2引数が null か, 第3引数 が false だったら第1引数「配列」の最後の値を返す。
    if (n == null || guard) return array[array.length - 1];
    
// 第2引数が指定されていた時、配列の最初から「array.length - n」の数だけ削除した残りの配列が返る。
    return _.rest(array, Math.max(0, array.length - n));
  };

このページのトップへ戻る