reject() | Underscore JS 日本語リファレンス

第1引数「配列」の値の中で第2引数の関数の条件を満たしていない値のみの配列を返す。

■使用例

var arr = [1, 2, 3, 4, 5, 6];
var func = function( num ){ 
	return num % 2 == 0;
}
// [ 1, 3, 5 ]
var re = _.reject( arr, func );

■内部構造

  _.reject = function(obj, predicate, context) {
  	
// _.filter()とほぼ同じだが、第2引数の predicate が_.negate()に渡されるので条件を満たさない値のみとなる。  
    return _.filter(obj, _.negate(cb(predicate)), context);
  };

このページのトップへ戻る