times() | Underscore JS 日本語リファレンス

第1引数の数 、第2引数の関数を実行する。実行した結果の配列を返す。

■使用例

function call( txt ){
	console.log( txt );
};
// 6回コンソールに表示される。
var re = _.times( 6, call );

■内部構造

_.times = function(n, iteratee, context){
// 引数「n」と0のどちらか大きい数の length を持つ配列を作成。
    var accum = Array(Math.max(0, n));

// context = undefined の場合は そのままの iteratee が返る。
    iteratee = optimizeCb( iteratee, context, 1);

// 第2引数に「 i 」を渡して実行した結果を accum 配列に入れる。 
    for (var i = 0; i < n; i++) accum[i] = iteratee(i);

// 結果を入れた配列を返す。     
    return accum;
};

このページのトップへ戻る