isArray() | Underscore JS 日本語リファレンス

引数の型が配列だった時に「true」を返す。

■使用例

var arr = [ 0, 1, 2 ];
// re = true;
var re = _.isArray( arr );

var arr = [ 0, 1, 2 ];
var func = function(){ return _.isArray(arguments) };
// re2 = false;
var re2 = func( arr );

■内部構造

// 内部で var nativeIsArray = Array.isArray; が宣言されている。
// 内部で var toString = ObjProto.toString; が宣言されている。
// nativeIsArray が機能する場合は、nativeIsArrayを使って判定。使えない場合は toString で文字列が [object Array] の時、true を返す。
  _.isArray = nativeIsArray || function(obj) {
    return toString.call(obj) === "[object Array]";
  };

このページのトップへ戻る