optimizeCb() | Underscore JS 日本語リファレンス

Underscoreの内部関数で各メソッドの配列の各値を処理する関数にあたる引数のthisなどを条件によって設定する関数。

■内部構造

  var optimizeCb = function(func, context, argCount) {
    // 第2引数の context が undefined の場合、そのまま func が返る関数。
    if (context === void 0) return func;
    
    // メソッド内部で iteratee = optimizeCb(iteratee, context); のような形で呼び出された時、
    第3引数の argCount の値によって処理が分かれる。
    switch (argCount == null ? 3 : argCount) {
    	
    // context を func の this にして arguments の数が条件によって増える。
      case 1: return function(value) {
        return func.call(context, value);
      };
      case 2: return function(value, other) {
        return func.call(context, value, other);
      };
      case 3: return function(value, index, collection) {
        return func.call(context, value, index, collection);
      };
      case 4: return function(accumulator, value, index, collection) {
        return func.call(context, accumulator, value, index, collection);
      };
    }
    context が undefined 以外で argCount が undefined の場合。
    return function() {
      return func.apply(context, arguments);
    };
  };

このページのトップへ戻る